iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

October 15.

天気:雨

睡眠:良好?(よく寝てる)

起床:12:00

体調:最悪。肩がちょいちょい痛くなったり、うだーんとなって起き上がれない感じが続く。寒さが堪える・・・。

 

**

10月に入って、毎日何をしているのか。

しんどい日は眠っているし、そうでないときは起きて散歩に出かける。

 

 

ここのところは、blog(これ)を書いたりもしている。

ざっくりいうと、大体毎回1000字くらいが目安。

400字詰め(平均的に売ってるやつ)原稿用紙にして2枚半くらい、というところである。

毎日更新するのはしんどいので、最近は書けるときにまとめて書いて予約投稿することにしている。

大体1本書くのに45分くらい。

気分が乗ってるときは3本くらい軽くさらっと書けてしまうのでだいたい午前中はblogを書いて過ごす。

だから過去、なぜうつになったのか、という部分はともかく、9月以降の話についてはちょっぴり気持ちのタイムラグが発生していたりする。

出かけているときには、天気はメモしてあとから付け足すので、”**”以降の部分だけが先に投稿される(笑)

そうなるとなんだか誰に見せるでもなく。

もちろん、読んでいただいているみなさまにはとても感謝しています。

ただ、どちらかというと、これは単に淡々と記録していく夏休みの観察日記みたいな感じで書いている。

昔から観察日記は苦手だったけど。

よく「〜と思います。」と国語的な感想を書いて、お母さんに呆れられた。

あんた、理科は思ってることを書くんじゃないのよ、と(笑)。

そういえば、それが是正されたのは中学2年の化学のレポートを書くときだった。

今思うと、小学校2年生くらいで観察日記から解放されてよかったのやら、悪かったのやら・・・・・。

まあ、いっか。

 

 

気持ちが上向いているときは、もう一度人生の方向性についてまっさらな気持ちで作り直したり書き直したり過去のものを見直したりもできるようになってきた。

意外にも、書くことは癒しになると最近は思う。

うーん、不思議。

 

 

それ以外は何をしているかというと。

黒猫のウィズ(スマホゲーム)のせっせとレベルをあげたり、読書を(主に村上春樹を)しています。

大学生のときとかはよく読んでいたのだけど、だんだん小説から離れて実用書とかビジネス書とか自己啓発書とか新書(最近そういえばあやしいヒット本多いなと思って敬遠していますが)とかになっていって、時間もなくなって、社会人生活になってからは本当に久しぶりに読んでいます。

そのあたりは、次の記事でご紹介します。

少し前までは字を追うことすらしんどかったので、そのあたりはだいぶ回復してきている気がします。

思考を通過しているかはなぞですが・・・。

 

 

なかなか戻していくのは大変ですが、そろそろ肉体面は健康生活を送るようにしていこうと思っています。

先日、外出した際に、うっかり階段を踏み外して肩を脱臼してしまったのがちょっと痛かったです。

それでちょっと外に出るのを控えてしまったので、リハビリ、リハビリ・・・・。

 

物をもったりするのが大変なことを久しぶりに体験しました。

身体が健康、ということは奇跡に近いことだと思います。

あほだからすぐに忘れちゃうんですけどね。

喉元すぎればなんとやら。