iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

October 20.

天気:晴れ

睡眠:良好

起床:8:00

体調:うだうだ

 

**

先月の終わりから今月の頭にかけての話。

 

 

復帰に向けて少しずつ訓練をはじめていたのだけれども、調子が悪くなって、しばらく結構悪い状況が続いていた。

毎日ぐったり、とする日が続く。

しょうもない話なのだけれど、どうもやっぱり前の職場が苦手らしく何かやりとりをしないといけなくなると、ぐったりとしてしまい調子を崩す。

電話のやりとりなんかしたあとになると、もうぐったり、という感じである。

基本的な社会人スキルはなんだかんだいって身に付いていると思われるので、まあすぐにその場で電話にでられなくても、とりあえず折り返すくらいのことはできるようになっている。(らしい)

(※これを社会人スキルと呼んでいいのか謎ですが。)

 

 

そんなこんなでその話をお医者様にしたところ、ちょっと新しい薬を増やそうかという話になった。

まあ飲んだり飲まなかったり適度な感じでやっているのだけど、その頃はどうも調子が悪くて、まあしゃーない、背に腹は変えられないということでとりあえず飲んでいたのだけれども・・・・・。

 

 

いかんせん体調が悪い。

そういえば階段踏み外して脱臼したのもこの時期だったし、なんだか忘れっぽくなっていて注意力散漫。

気をつけていても結構階段を踏み外しそうになったり(まあもとから注意力散漫という説もあるのだけど、それにしても会話をしているとあれ?となることが多い)ということがその後も続いていて、まあ調子も悪いし、という感じで薬を抜いた。

というか、調子が悪すぎるとそれを飲むのすら億劫になるんよね。

 

 

というような話をお医者様と先日したら、副作用だ、という話になった。

気がつかなかったわ!

なんか疲れやすいなと思ってたんだけど、そういう副作用があることは考慮してなかった!(笑)

もう言っといてよ〜・・・・と思ったけど、よく読んだら薬の説明に書いてあったわ。

すいません。

ということで、その薬はなしになった。

 

 

天気も回復してきて、体調も回復してきた。

あーよかった。

未だに私はこの状態を(うつを)受け入れることに抵抗がある。

たぶん。

まあしょうがない、とは思うんだけど。

よくわからないけど、本当に調子が悪いときは悪く、いいときは割とよくてすぐにでも働ける気がする。

この”気がする”ってのが結構くせものだったりするんだけど。

 

 

螺旋階段のような、3歩進んで2歩下がるというような牛歩の如く回復するのでイライラする。

のだけど、そうなるとなんか負けた感じで悔しい。

というわけで、回復までもう少し。

 

焦るな、といろいろな人から言われる。

いろいろこの難しい状況を打開することを考える。

また煮詰まる。

そんな感じ。

 

 

何に似てるって、これ、ダイエットにちょっと似てるわ。

と思ったり。

そういえば、一時期毎日ヘルスメーターにのってた・・・。

 

 

やり始めると真剣にやり込む気質って実はウツになりやすいんじゃないの?