iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

October 22.

天気:雨

睡眠:良好

起床:9:00(活動開始12:00)

体調:そこそこ良好

 

 

**

時間があるので、ネットの記事を割と読んでいる。

東洋経済オンラインとかはスマホが流行りだしてから、かなり使いやすい感じになった気がする。

グローバルエリートのシリーズは割と好き。

 


グローバルエリートは見た! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 


グローバルエリートの母も見た! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

知らない世界なので、そっか、こんなのもあるのか。みたいな。

そんな感じ。

で、楽しんじゃうんだけど、それを楽しんで終わっちゃうからダメなんだけどね。

 

 


田園都市線住民は、「うつ病」が治りにくい? | プロフェッショナル対談 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

これ読んだら、「産業医」と呼ばれる方の視点が理解できてわかりやすかった。

なんでこんなのを読んでいたかというと、復職するときに必ずあるのがこの「面談」。

(その前に主治医からGOサインの紙が必要。)

話をしていて、前からこの産業医の立ち位置って疑問符がつく(っていうかよくわからない)感じだったのだけど、この記事を読んだら、復職可能についての見解の主治医と産業医の相違点というのがわかって、あぁなるほど!と。

すっかり私自身から抜け落ちていた視点として、「社員として働けるか?」という目線が抜け落ちていたんですよね(笑)。

そんな訳で、読んで納得。

感覚的な感じでは、今からだったら3ヶ月はもつな、という感じ。

その間にリハビリ的に良くなればいいんだけどな。

(悪化する確率は高そうだ・・・。)

会社が合わないのであれば、転職を勧めるというのもあって、ああまあそうだよね、と思ったり。

長く勤めているうちに合わなくなることってあるのかなぁ。

 

 

それで、なんでこんな疲れそうな(本当に病んでいるときにこの手の記事読むのは疲れるので避けます。)記事を読んだのか。

理由はこれです。

 

彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。

 

 孫子の兵法。

 

 

なんか就活みたいだな。