iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

October 31.

天気:晴れ

睡眠:良好

起床:9:00(行動12:00)

体調:そこそこ良好。睡眠が安定してきたから、比例して体調も安定してきた。

 

 

** 

最近では2冊、村上春樹本を読んだ。

そういえば、読んだことなかったな、というシリーズで、シドニー

シドニー! (コアラ純情篇) (文春文庫)

シドニー! (コアラ純情篇) (文春文庫)

 

 

 

シドニー! (ワラビー熱血篇) (文春文庫)

シドニー! (ワラビー熱血篇) (文春文庫)

 

 

2000年に開催されたシドニーオリンピックに合わせて、開催中毎日競技を会場に見に行って、それについて色々書かれているテキスト。

約30日くらいで1冊分(文庫は2冊)の本になるくらいのテキストを仕上げていくのはきつかった、という感想だった。

 

 

一般の人(といっていいのかはわからないけど)から見たオリンピック文というのは、なんだか新鮮だった。

何度か商業主義が行き過ぎているという話が出てくるけど、近代オリンピックについてはまあそうなっちゃうんだよなー・・・・。

と、思いつつ。

大学の授業を思い出した。

一般教養科目にスポーツの歴史みたいなのがあって、3000字×5テーマくらいレポート書いて単位取ったの思い出した。

そんなの4年時にとってるからまあ記憶にあるんだろうけど。

(※普通はそういう科目は1、2年時に取り終わってる)

 

 

 本の中身は、シドニーオリンピックとオーストラリアと食とビールとワインとコアラとワラビーの印象ばっかりが残った感じ。

軽いタッチで読みやすい。

だらだらとした文章が得意じゃないと辛いけど。

すごく村上春樹っぽい本です。

 

 

村上春樹の書く紀行文みたいなの(遠い太鼓、雨天炎天ーギリシャ・トルコ辺境紀行 など)は、すごくその外国の文化がイメージしやすくて、行ってみたくなる本が多いので、少しゆっくり読書ができる環境のときにはおすすめです。