iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

February 10.

天気:晴れ

睡眠:だめ。

起床:12:00

体調:そこそこ。夕方から築地におでかけ。

 

 

**

仕事をはじめて可愛くなる人、ブスになる人。

 

 

仕事をはじめて何年かすると、可愛くなる人と、ブスになる人がいる。

ひとつはっきりしていることは、

 

仕事をはじめて可愛くなる人は、基本努力家である

 

ということ。

これだけは確か。

 

 

こんなことおおっぴらに書いていいのかわからないけど、仕事をはじめて可愛くなった人というのは、仕事をする前はあまり可愛くないことが多い。

 

 

仕事をすると人目にさらされるし、あれこれ考えて、動いていくからエネルギーも半端なく使うし(だから基本痩せる。但しストレスが上回ると太る。)、どんどんしゅっとしてくる。

平日そうやって動いているけど、休日は休日で趣味に仕事に動きまわっているアクティブ派が多い。

いわゆるリア充

そうやって、休みも平日も動き回って、好きなことをしていると、周りからも「かわいい。綺麗。」と声をかけてもらえるようになるので、ますます綺麗になる。

・・・・・・・というサイクル。

言葉の魔力はかなり絶大。

 

 

人目にさらされることは、結構なストレスになるのだけども、それでもプラスに働くときはエステより効果的。

できれば女性じゃなくて男性の目線にさらす方がいい。

彼氏がいる女の子が可愛いのもだいたいこの理由。

彼という視線にさらされるので、基本外見を気にする。

とにかく気にする。

そして、見えないところでマッサージとかダイエットとか、顔の手入れとか美容とか、色々なところに気を遣うのだ。

(だって、触られてがっかりされたらいやだもん。)

 

 

視線の話で、ミニスカはいてると、自然に足は引き締まる。

なぜなら視線で緊張するから。

・・・・・そんな理由で、私はミニスカを履く。

という話を先輩にしたら、爆笑されたんだけど。

 

 

仕事の合間に、時間をやりくりして、美容院とかお化粧とかマッサージとか肌の手入れとかとにかくたくさんのことをする。

だから、可愛い女の子は基本的には超努力家だ。

 

 

逆にブスになる人は(一概には言えないけど)、ひきこもる。

人目にさらさないから、オシャレに興味がなくなり、街や流行や美味しいお店に興味がなくなる。

元は結構可愛かったタイプが多かったりする。

あと、何でもやってくれる人が周りにいたりとか。

そうすると、家と会社の往復になって、人目にさらす機会が減るから何もしなくてもいっか、という感じになる。

 

 

それだけで、何もしないならいいんだけど・・・・・・。

たいてい、やらかす。

 

 

会社で年次が上がって行けば、当然のことながら、「自分よりも若い女子」が入ってくる。

当たり前である。

若い女子はかわいい。

若さは魅力の1つだもん。

 

 

哀しいかな、自分もちやほやされたことは忘れる生き物なのである。

そして、若い女の子をつかまえて、アレコレ文句を言うのである。

 

 

・・・・・・・やれやれ。

 

 

どうでもいいんだけど、いくつになっても可愛い人は基本努力家です。