April 17.ー化粧水が切れたので・・・・

**

もう10年来のお気に入りの化粧水。

Maxfactorのillumeシリーズ。

f:id:iixxx:20150411165332j:plain

 

 

うつでごろごろとしていた頃に比べて、毎日会社に行くのでお化粧をする。

手入れをちゃんとしないと肌が傷むので、一応最低限の手入れはしていると、化粧水のなくなり方の早いこと。

(つまり、ごろごろしていた時は、その手入れすらおっくうで全くしてなかったんですが・・・・)

 

 

化粧水って、なんでもいいや、と思う反面、敏感肌だったりすると合う合わないみたいなのがあって選ぶのが大変。

私は大体水分チェックをすると油分より水分がちょっと足りないくらいな感じなので、保湿タイプの化粧水を使っています。

いくつか使ってみて悪くないな、と思うのは、「ちふれ」や「無印」の化粧水。

 

www.chifure.co.jp

 

www.muji.net

 

 

でもでも、やっぱり、ベースくらいはちゃんとしたの使いたい!っていうか、お化粧をするときのワクワク感、ってやっぱりお化粧品のパッケージにあると思う。

こだわろうと思えばどこまでもこだわれるし、割り切ろうと思えばどこまでも割り切れる。

でもでもやっぱり、わたしは多少のドキドキ感が欲しいのです。

以前、無印に浮気をしたことがあったのだけど、悪くないけど、なんか足りなーい!これからお化粧するっていうワクワク感が足りない!ということでやっぱり戻ってきちゃったのでした。

 

 

ちなみに今、ファンデーションは資生堂のマキアージュ

ベースのデビューの時にはカネボウSuisaiを買いました。

よくわからないまま、ドラッグストアのお姉さんに相談して買ってきたことを覚えてます。

www.kanebo-cosmetics.jp

 

 

今なら買わない・・・・!

いや、嫌いじゃないのだけど。

お化粧品は資生堂はキツいから、カネボウの方が肌に優しいよ、という一応の母らしいアドバイスを受けて買ったのだけど、私の肌はカネボウと相性が悪いらしく・・・・・。

Suisaiもしばらくは大丈夫だったのだけど、途中で肌が腫れるようになってしまって、以来カネボウはちょっと怖くてお化粧品を使っていません。

 

 

人によっては相性があるからいいんだと思うんだけど。 

 

 

お母さんはあまりお化粧が得意じゃなかったので、お化粧を覚えるのがすごい大変だった記憶があります。

 

 

ファンデーションはいつも色を見てもらうのだけど、私は出してきてくれた色より2トーン明るい色を買います。

その方が明るく見えるんよね。

 

そんな感じで、今日は化粧水の話。