読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

September 6.ーネイルはしないの?

**

その昔、

旦那ちゃんとまだ恋人だった頃、

キュートなネイルをしてうきうきしてデートに行ったら『凶悪な爪』と表現されてブチキレたことのあるiです。

 

 

誰でもそんなことあるよね?!

 

メンズのみなさん、

 

女の子がオシャレをしてデートにのぞんでいる時は、嘘でもいいからほめて下さいね!

 

きっとその日は女の子は可愛く女の子になりますよ!

 

 

・・・・・・てへ。

 

ってなんか主旨ずれてる。

まあいいや。

 

 

先週ちょっと感動したことは。

そんな『凶悪な爪』呼ばわりしていた旦那ちゃんが、私の爪を見てぼそっと、

「i、せっかく仕事やめたのに、ネイルしないの?」

ときいてきたのです。

ちょっと感動しちゃいました。

 

『凶悪な爪』から成長してる・・・・・!!

 

 

お仕事の時はネイルもメイクもかなり制限される職だったので、それも今考えれば多大なるストレスだったわけですが。

(次はもっとその辺緩めな職業にしよう。うん。)

もっとストレスだったのは、センスの悪い人からお洋服とかお化粧とかいちいち難癖つけられることだったわけでして。

「その化粧(この手のお化粧に興味がない人は必ず”化粧”って言うよね)ちょっと派手じゃない?」とおっしゃるお方は、まさかのスッピン!ということが日常茶飯事な職場でして・・・・・・。

思い出すとイライラするわ.......

あとなんか間違った感じのお化粧の人とか.......

 

 

 

という職場にいると、疲れちゃうので必然的にお化粧もお洋服も最低限になるわけでして。

で、週末とかはもう疲れ果てているのでお化粧する元気も、お洋服を選ぶ元気も奪われている状態でした。

 

 

それで最近仕事を辞めたのでのんびりしてたら、旦那ちゃんがさっきの一言。

ちなみに、旦那ちゃんはファッション系には全く興味がなく。

爪に関しても「正直派手なのは好きじゃないけど、iの気分が上がるならやっておいでよ。」という感じですが。

 

 

ちょっと感動しちゃった。

そうだ。

せっかく仕事やめたんだから、女の子してこよ〜。

 

 

原宿行ってネイルしてこよっ。

 

と思いました。

(原宿にワンコインネイルがあるのです。キラキラじゃないけど便利だよ。)