読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

彼女に花を贈ること

先日、相方と話してて「へ〜」と思ったこと。

 

相方の職場の同僚は「over35の」「既婚者の」「男性」が多いのだけど、どうもときどきランチどきに家庭の話が話題にのぼるらしい。

まあ、たまに「そういやこんなこと話したわー」みたいなのをきいてると、内心ホントしょーもないな....と思う話題が多いのだけど。

ひょんなことから、「奥さんに花を贈ったことがあるか?」という話になって、2対1になった。

 

 

わたしの相方は、わたしがガンガンなにかのイベントごとがあるときに、「何欲しい?」「花」というやりとりをするので、(それまでは花なんて贈ったことはなかったけど)何かと花を買ってきてくれるようになった。

イトーヨーカドーとかに入ってるお花屋さんで。

 

 

花を贈ったことのない人は、「なんとなく気恥ずかしくて花とか買えない」と言っていたらしいのだけど、花を贈ったことがあるメンズ2人は結構強力に「花を贈る効果」を説明。

どうやら、「花を贈る」ことはコスパがいいらしい。

そんなに高くなくて(¥1,000〜¥3,000もあれば十分な花束を作ってもらえます)、贈った人がご機嫌になって、しばらくはるんるんしている。

¥1,000とか¥2,000とかでご機嫌になってくれるんなら、その方がいい。

・・・・・らしい。

 

 

まあでも、もらう側のわたしは、花束もらったらいろいろ飾れるので嬉しいのと、やっぱり花が嫌いな女性ってあまりいない(枯らしちゃうから、、というのはあるかもしれないけど、花は枯れちゃうものなので、ビールグラスに水を張って飾っておけば1週間くらいは秋〜春はもちます。)から、まあやっぱり恥ずかしがらずにガンガン男の人にはパートナーに花を贈ってもらいたいなぁ。。。と思ったり。

 

 

花屋ってどこにあるやつ?とか、

金額っていくらくらいなの?とか、

どういう風に頼めばいいの?とか、

持っていくの恥ずかしいとか、

 

たぶんそのあたりがネックになるのだと思うのですが。

 

 

近所のお花屋さんで(おしゃれな花屋じゃなくて大丈夫)、

¥1,000〜お財布と相談して予算を伝えて(¥1,000で十分。青山フラワーマーケットとかワンコインくらいの小さいのも売ってます)、

「かわいらしいの」とか「ピンク色中心」とかイメージを伝えて(先方がきいてくれると思いますが)、

大きさがネックであればちょっと短めに作ってもらうとか、

 

で、意外と解決できるような気がします。

 

ぜひぜひ、素敵なメンズのみなさまには女の人に花を贈ってほしいなぁ。

そういうことができる男性って、やっぱり素敵。

 

 

困ったときには、花束を、ぜひ贈ってみてください。