読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

April 13.ー決断をすると未来が広がる。

**

長い間、忘れていた。

 

ーーーーーー否、怖かった。

 

決断を続けて行くこと。

実行をし続けてゆくこと。

変わって行くこと。

年齢を重ねてゆくこと。

 

 

あらゆることが怖かった。

 

 

前にも後ろにもずっと進めなくて。

周りを見るともの凄い勢いで進んでいるような気がして。

嫉妬したり、不安になったりを繰り返して。

仕事はどんどん負荷がかかっていって。

 

 

ーーーーー気がついたら、うつになって。

 

 

決めることが怖かった。

未来が怖かった。

だから、たぶん貯蓄をした。

 

 

そうしたら、お金の流れが悪くなって稼げなくなった。

お金をつかうことが怖くなった。

どんどんどんどん、色々なことが怖くなっていった。

 

人と会うこと。

話すこと。

仕事をすること。

調整すること。

 

 

そんなことをしていたら、本当にちょっと力のある人から攻撃を受けて、どんどん会社に行くのが辛くなっていって。

 

 

でも、思う。

あのとき、決断し続けることをやめたから。

自分を守る方向に動いていったから。

怖くなって、いろんなことをするのをやめたから。

 

 

だから、たぶん不安になった。

決めることは、怖かった。

決めなければ、私の人生は無数の可能性があったと思っていたから。

 

 

でも違う。

今の仕事についていることも、

その仕事をやめないことも、

貯金をしたことも、

動かないことも、

全て自分で選んだこと。

 

 

もっと痩せたら。

もっと安定したら。

もっと稼げるようになったら。

 

 

そんな「もっと」が心に積み重なっていって、生きて行くことがきつくなっていった。

 

 

 

『もっと、NYのやつらを見習ったらいい。ポケットに1コインしかなくたって、やつらはそんなに人生の心配をしないよ。』

 

どんどん不安が積み重なってるときに、ある人がくれた言葉。

 

今なら、わかる。

未来を広げてゆきたいから、だから私は、決断し続ける。

 

 

今度は、忘れない。

 

ーーーーーと、思う。(思いたい。)