Self-introduction entry (自己紹介)

思いたったので自己紹介エントリーを書いてみました。

前に書いた時は思考がぐちゃぐちゃで、中身酷かったのであらためました。

銭湯愛好家としての自己紹介は、ザっくりととのうサウナ入門さんで紹介していただきましたのでよかったらご参照下さい。

 

zakkurisauna.hateblo.jp

 

 

f:id:iixxx:20200428022125j:image

(熊本・湯らっくす目的から南九州をめぐる旅、白川水源にて。)

 

□生い立ち

横浜生まれの横浜育ち。(←中心地からは遠いです。)

神奈川都民から都民になった30代女子。

ビールとワインとお茶とコーヒーとサンマーメンが好物。

ハマっ子の悪いところを凝縮したような拗らせ系ハマっ子、とダーリン*1に言われます。

住んでた時はそうでもなかったけど、東京に引っ越してから神奈川が好きになりました。

サウナや銭湯やスーパー銭湯の名施設が多くて、海と山と温泉と自然と都会のニュアンスの観光地が全部あるところはなかなかないと思います!

あと町中華が美味しくて全体的にレベルが高い。

 

□インターネット

比較的早い時期に家にPCが導入されたので、97年くらいからインターネットの端っこに生息しています。

90s後半から00年代はじめくらいの空気に魅了された1人です。*2

 

□仕事

新卒で金融系の事務職に滑り込みました。

精神的にえぐい仕事と職場環境のストレスが原因でうつになって休職、復職を経ましたが、病気になる前のペースで仕事を続けるのが難しくなり、また同じ頃に会社の人と結婚したので渡りに船で(上司も部長も死ぬほど嫌いだったので)7年半で寿退職。

1年半のブランクを経て派遣に登録し、人材系ベンチャーで短期間働いた後、週3-4・20h/wくらいのペースで現在は中小企業で総務と経理の事務に従事しています。

今後のキャリアをどうしようか考えていたらコロナで予定がいろいろ狂ってしまった…。

まじどうすんべ…

 

□趣味の変遷

陽キャ運動部属(スキー、水泳、バスケ、テニスと嗜んだけどどれもイマイチ物にならず)→

引きこもりインターネット属→

インターネット腐女子属(兼日本文学読書科)→

アニメと声優属→

ラジオっ子→

いけばな属→

ファッションと夜遊びクラブっ子→

銭湯とサウナ+着物といけばなと日本文化沼属

 

SNSなど

 blog:2004年に今はなき玉石混交のひとつのサービスで始める。なおその前にはテキストサイト黒歴史

2006年にlivedoor blog→2008年/2012年(それぞれ別に作った)FC2 blog→2014年はてなブログとサービスを乗り換えてきました。

過去の記事もいくつか当ブログにインポートしています。

 

SNSと登録年など

mixi(2006)

google(2007)

twitter(2010,2017i (@iixxx_xx) | Twitter)

facebook(2010)

LINE(2013)

instagram(2015,2020@i_as_37to1010 )

note(2019@iixxx )

 

□いけばな

カルチャースクールから始めて、気づいたら13年くらい。

5〜6年目くらいに師範代資格を取ったあと、昇級は停滞中。*3

今のところ師範代まで取りたいお弟子さんを教える余裕がないのでとりあえずいっかな…。

のんびり気ままにお稽古に行ったり、お家や実家に飾ったりして自由にいけたりしています。

私が所属しているのは江戸時代発祥の流派のひとつから枝分かれしたところなのですが*4、大正時代に入ってきた西洋花などを積極的取り入れたり、変革と革新を恐れない空気があります。

行ける月/行けない月が続いたり、おうちで花材を買って自由花のように入れたり、人によってはお弟子さんを教えたりと活動は自由気まま。

花展に出瓶することもあり、毎回死ぬほど疲れ果てて正直もうやらない…と思ったことも何度かありますが、毎回ころっと忘れて出瓶してへロヘロになるまでがセットです。*5

 

f:id:iixxx:20200428020455j:image

 

 

□サウナと銭湯

ここ2、3年のスーパーヒットは“サウナと銭湯”です。

銭湯通い、きっかけはうつの寛解以来久しぶりに不眠が続いたことでした。

放置したらこれはヤバいやつ、と思いつつも動きを取れずに呆然としていたところ、ヨッピーさんの記事を読んで、藁をも掴む思いで上野の寿湯に行ったことを覚えています。

然程遠くないところに優良銭湯が多くあったことも助けになりました。

サウナと水風呂、あるいは熱湯と水風呂の交互浴は、布団から起き上がれないくらいしんどかった体にゆっくりと浸透していき、フロントで挨拶すらできないくらいヘロヘロだった私が、1年くらいの銭湯通いで徐々に元気を取り戻しました。

天気が嵐になったりするとメンタルもフィジカルも相変わらず豆腐ですが、だいぶ身体が動くようになってきて、身体の不調に心が引っ張られることが減りました。

 

最近はもっぱら水風呂が好きで、サウナと水風呂に浸けておいてもらったらご機嫌です。

街の銭湯によく通っていますが、サウナやスーパー銭湯にも出没したり、旅にもサウナを組み込んだりします。

 

travel.spot-app.jp

 

f:id:iixxx:20200428020626j:image

(スペシャルイベント、レディースデーのときのピンクの暖簾の日暮里・斎藤湯)

*1:個人的に私が嫁、妻、パートナーと呼ばれるのにしっくり来ないので、旦那、夫とは書かずにダーリン、と表記しています。

*2:残念ながら、その後インターネットを仕事にしようとは思いませんでしたが…。

ネットショップの仕事に学生時代にちょっとだけタッチした経験がきっかけで、インターネットビジネスにノータッチでいくと決めた分岐点になった気がします。

*3:申請してお金払ったら取れるけど、気持ちの問題…かなぁ?

*4:ちなみにいちばん古いいけばなの流派は六角堂の池坊です

*5:マジで花展は体力勝負です。