iの一期一会

アラサーiの日々のこと。

すてきなひとはHelpがうまい。

わたしがすきな人のタイプは割とバリエーションがある。

と思う。

けれど、ひとつ、共通していることがある。

それは、

Help信号を出すのが天才的にうまいこと、だ。

どういうことかというと・・・・・・

あ。

タイトルはあえてHELPがうまいと書いたのだけど、そのこころは、つまり。

人から助けてもらうことが上手。

なのです。

わたしはどちらかというと、人にヘルプを出すのが苦手です。

ぶっちゃけ、死ぬほど苦手です。

人を頼るくらいなら自分でやれと教わって?きたし、割とそういう思考に落ち着きがちで、

・できないんだったらそもそもやらない

・みないふりをする

・でない

・途中でいやになったら何もいわずに放りだす

・やるんだったらぜんぶやる

という感じの行動によくでます。

それでよく、全部自分でやろうとして、やっぱりムリだ、とか思って引きこもりに走ったり、約束をブッチしたり、まるっと無視したり、ちょっといかんせんオトナの対応とはとてもいえないことも割とやります。

(迷惑かけてる方々すみません)

でも、よく考えてみたら、誰でも得意・不得意はあるわけで。

何かをしようと思うと、まったくぜんぜんわからないこともあるわけで。

そういうとき、どうしたらいいか。

それは、助けてもらったらいいんです。

と、いうことにようやく気がついた最近。

やりたいけど、できない。

やり方がわからない。

ルールがわからない。

そもそも、それってなに?

お金がないからムリ。

etc........

言い訳を考えると100も1000もうかぶんだけども。

そういうときは素直にヘルプ信号だしたらいい。

まるっと人に投げてみたらいい。

迷惑をかける、人から助けてもらう。

まずきいてみる。

それでやってみる。

それから考えたらいいじゃん?

それから、自分が他人のHelp信号をキャッチしたら。

なにも考えずにHelpしたらいい。

たぶんそれは、巡り巡って自分に戻ってくる。(こともある)

と、教えてもらっている今日この頃。

でもやっぱり、まだまだ未熟です。

ほんとヘルプ信号だすの苦手です。

誰かコツを教えてください。

そんな感じ(笑)